本部Top >> ニュース一覧 >

2009. 04. 22
通 達 ( 昇級昇段と「専門家」とは )

                                   社団法人 日本スポーツチャンバラ協会
                                   会長 田邊 哲人

【 昇級昇段と「専門家」とは 】

 平素、皆様におかれましては斯道発展の為、御尽力を賜り感謝申し上げます。
 既に皆様にはご案内の通り、昨年の12月1日を以て公益法人が特例民法法人(旧社団法人)となり、 今後は内閣府の認定審査を通過できた団体のみが新公益法人として認可される運びとなります。只今当協会でも新公益法人を目指して認定審査の手続き中です。

 今回の審査の中で、「指導者は専門的知識技能を有した者(専門家)でなければならない」と言う事を求められています。其れを当協会に当てはめた場合、「専門家」とは即ち、有段者であるという事になります。師範・インストラクターのことではありません。小太刀の有段者は小太刀の、槍の有段者は槍の専門家という事になり、従って基本動作等、他の種目は無段者、即ち無資格となります。

 従いまして、指導者各位におかれましては、ご自身が段を有する種目以外の段級審査・申請する事は不可となりますのでご留意頂きますよう御願い申し上げます。指導・段級審査・申請を希望する種目に関しては、自らが先ず段を取得し、その種目の専門家になる事が必要です。指導種目を一つでも増やし、基本に忠実な指導にあたって頂けますよう宜しく御願い申し上げます。

 今年は本部として下記のスケジュール通り、指導者講習会を実施しています。この講習会には指導者全員が参加し、指導者としてきちんと指導種目を増やし、基本を今一度、確認して頂く事が必要です。
 短槍、長剣両手の他にも希望の種目の講習も行います。また、20名以上の受講希望者があれば、講習会の開催申請を受け付けます。本部事務局へ申請して下さい。(但し、他のスケジュールと重ならないように御願いします。) 
 
※ 内閣府 公益認定等に関する運用について(公益認定等ガイドライン)
   公益目的授業のチェックポイントについて
  【補足】横断的注記
(3)イ 「専門家が適切に関与しているか」:
 ここで言う 「専門家」とは、事業の内容に応じて、企画、指導、審査等を行うのに必要な知識、技術、知見等を教育、訓練、経験等によって備えている者を言う。・・・以下、略
   (内閣府ホームページをご参考下さい。 公益認定等に関する運用について(pdfファイル)


【講習会要項】
09:30 開会式
10:00 各地域と公益法人の現況説明
10:10 短槍の基本(模範と理合説明)
11:30 〜応用動作と段級の試験と指導ポイント
12:00 〜審判試験
昼食
12:40  1級基本動作審判員の試験
13:30  長剣両手他、希望種目の基本動作と応用
14:00  長剣両手の審判と段級試験の要領
15:00  質疑応答
終了

【1級2級審判講習会・新指導者講習会スケジュール】
* (社)日本スポーツチャンバラ協会 定款
第2章「目的及び事業」
(事業)第5条(3)スポーツチャンバラに関する指導者及び審判員の養成並びに資格認定 による講習会

2009年スケジュール一覧表(連絡先等はこちらからご確認下さい。)
3月15日(日)東北地区(山形県)      終了
3月22日(日)関東地区(東京都)      終了
3月29日(日)近畿地区(兵庫県)       終了
4月19日(日)四国地区(香川県高松市)   終了 
5月2・3日(土・日)ヨーロッパ(ポーランド)
5月17日(日)甲信越地区(長野県)
5月23日(土)東海四県地区(静岡県由比町)
第35回全国少年少女大会前日13:00-16:00
5月31日(日)北関東地区(群馬県渋川市)
6月14日(日)中国地区(島根県松江市)
6月21日(日)九州地区(熊本県熊本市)
6月28日(日)四国地区(高知県高知市)
7月12日(日)北海道地区(北海道札幌市)
8月8日(日)アジア(ネパール)アジア大会前日
8月30日(日)近畿地区(滋賀県栗東市)
9月13日(日)東北地区(宮城県石巻市)
10月4日(日)東北地区(青森県おいらせ町)
10月25日(日)近畿地区(大阪市)
11月7日(土)第35回世界大会前日(横浜文化体館横 レストハウス13:00-17:00)