本部Top >> NEWS 一覧>

2012. 11. 13
飛び段・級のこと

                             公益社団法人 日本スポーツチャンバラ協会
                                       国際スポーツチャンバラ協会
                                       会長 田邊 哲人
 冠省 
 平素、皆様におかれましては斯道発展の為、御尽力を賜り感謝申し上げます。

 さて、段級位は、その習技者の技術の習得の証明です。従って、着実に段階を踏むことは言うまでもありません。何事にも修行は、一足飛びに得るものではなく、その道程の中で、人格、教養等を養うことにあります。

 当スポチャンにおいても、元より「護身道」とい道であり、一歩一歩あゆむものでありますが、これとて例外もあります。例えば、年令を経て、社会経験をそれ相応に積んだ者に10級から9級、8級と歩まなければならないのかと言われたら、それは少々理不尽であると思います。その人の今までの人生経験を加味するのは当然であろうと思います。又、大会や試合に於いて好成績を残した者も同様でしょう。
従いまして、全ての飛び段・級はいけないと言っているわけではなく、それ相応の力量があるならば認めることができます。
 但しその場合は、必ず1つ前の段・級から審査して合格した者が、当段・級を受験するのが順序です。
                                                       草々