本部Top >> スポチャン NEWS >

2013. 04. 8
【重要】審判資格について

                             公益社団法人 日本スポーツチャンバラ協会
                                       国際スポーツチャンバラ協会
                                       会長 田邊 哲人
 冠省 
 平素、皆様におかれましては斯道発展の為、御尽力を賜り感謝申し上げます。

 さて、審判資格については、スポチャンのホームページに個人別で一覧が掲載しておりますので、ご覧頂ければ確認できます。

 皆様へは既にご案内の通り、公式戦(本部主催大会、並びに地方公式戦)では資格のない人は審判はできません。資格のない人が審判をやると言うことは、資格のない医者が診察するのと同様であると、以前、ホームページにも載せました。
 しかし地方におかれましては周知徹底が足りず、何かの手違いで、審判資格のない人が審判をしている場合があるようです。それは選手や関係者に不信感を持たれ、又はその試合が成立しないと言うことになります。
(※審判資格とは、1級・2級(副審のみ可)審判合格とその種目の段位が必要です。)

 5月には田邊杯、8月は全日本大会、9月には国体、11月には世界大会があります。審判資格のない方は、本部講習会で審判資格を取得し、皆さんが満足し、納得できる試合運営を行って頂きますよう御願い申し上げます。

                                                  草々

関連サイト:
1級審判員及び検査役の資格、及びベスト(ビブス)着用の義務