本部Top >> スポチャン NEWS >

2013. 05. 28
小太刀以外の基本動作の審判講習会について(長剣(フリー・両手)、二刀、棒、杖)

                             公益社団法人 日本スポーツチャンバラ協会
                                       国際スポーツチャンバラ協会
                                       会長 田邊 哲人
 冠省 
 平素、皆様におかれましては斯道発展の為、御尽力を賜り感謝申し上げます。

 さて既にご承知のお通り、基本動作では、“打”の部門(小太刀、長剣(フリー・両手)、二刀、棒、杖)ではそれぞれの5つの動作、“突”の部門(槍(短槍・長槍)、短刀)ではそれぞれの3つの動作があります。

 現在多くの大会では、殆どの選手が小太刀を選んで基本動作の試合に出場していますが、かねてより当協会発行の「あゆみ」にも掲載されています通り、“打”の得物の内(5つの動作)であれば、どの得物でも出場が可能です。

 5月19日の第5回田邊杯争奪戦大会の個人戦 基本動作の部では、二刀 対 小太刀の試合がありました。また団体戦 基本動作の部では、長剣両手3名 対 小太刀3名の試合も見ることができました。長剣を使用すると、小太刀より技が大きくなります。

 選手は、それぞれの得物の段級取得時に基本動作についても習得していると思いますが、審判養成については、6月2日の九州地区の講習会より、小太刀以外の得物の基本動作について重点的に講習いたします。

 基本動作の部において、各地の大会でも、選手が得物を自由に選んで出場できるように、指導者の皆様には本部講習会を受講して頂き、審判資格を取得して頂けますようご期待申し上げます。

          6月 2日 九州地区(熊本県)
          6月 9日 東北地区(山形県)
          6月23日 四国地区(高知県)
          8月10日 全日本選手権大会前日講習会
          9月 8日 中国地区(広島県)
          9月29日 北関東地区(群馬県)
         11月 3日 世界選手権大会前日講習会

                                                  草々

関連サイト:
2013年本部講習会スケジュール表