本部Top >> NEWS 一覧>

2015. 10. 1
北海道新聞「ア・マル」にて落合祐司先生(どさんこスポチャンクラブ)ご一家が紹介されました!
2015年7月28日(火)付

家族全員でスポーツチャンバラ 北野の落合さん一家

家族全員でスポーツチャンバラ(愛称・スポチャン)の普及に努めているファミリーが清田区にいます。北野の落合さん一家で、里塚・美しが丘地区センター(里塚2条5丁目)など札幌や江別、北広島の8か所でスポチャン教室を開催しています。

 この一家は、北野2条3丁目の会社員落合祐司さんと妻早苗さん、長男の祐輝さん(社会人)、二男の玲祐さん(高校2年)、長女の早輝さん(中学2年)の5人家族。

 スポチャンを始めたきっかけは、10年ほど前、小学5年生だった長男の祐輝さんが白石区のスポチャン教室に通い始めたこと。父親の落合さんは、付き添いで見ているうちに「これは面白い。どうせやるなら家族みんなで」と思い、全員で始めることになったそうです。

(後略)