本部Top >> NEWS 一覧>

2015. 12. 17
竹内義親さんが地域情報紙「タウンニュース」で紹介されました

人物風土記 「強い自分でありたい」 竹内義親さん

 「素直に嬉しい。選手たちがメダルを獲ってくるなか、指導者としてずっと並び立ちたいと思っていた」と満面の笑みを浮かべる。秦野市スポーツチャンバラ協会の常任理事兼紫電塾塾長を務め、子どもたちの指導に当たっている。毎年、大きな大会では選手と審判を掛け持ちしていたが、今年は選手一本に絞りエントリー。初めて「杖」で挑んだ世界選手権大会で3位に輝いた。

(後略)