本部Top >> NEWS 一覧>

2012. 12. 8
国際交流の授業の報告(東京都)
海外統括理事:細川健一 報告

11月5日世界大会翌日、杉並区立高井戸第四小学校にて、6年生の国際交流の授業がありました。
世界大会に来日された、ロシア、エジプト、韓国、タイの皆さんがお疲れのところをボランティアで参加してくれました。

最初の時間は、体育館にてスポチャンのデモンストレーション、ちょうど同じ6年生のロシアの選手が基本動作と打突競技を紹介しました。
次の時間は、多目的室にて、グループに分かれスポチャンの体験と、各国の先生へ質問をしました。
エジプトの進士先生は、ナイル川の地図でエジプトの国を説明し、文字の練習もしました。
ロシアの先生には、サッカー少年から「本田選手」について質問がされ、モスクワでも有名だと聞いて喜んでいました。
タイの学生さんは、ムエタイの説明などもしていました。
韓国の李先生は、いろいろなキムチの話をしていました。

小学校の生徒にとっては、直接外国人から話が聞けてよい経験になったと思います。
最後は、一緒に給食を食べて楽しみました。