本部Top >> スポチャン NEWS >

2021. 01. 28
田村勇樹選手がJAグループ神奈川で紹介されました!
JAグループ神奈川 2020年11月号No.271

スポーツは心と体の栄養素

スポーツチャンバラ 田村勇樹さん

勝ってよし、負けてよし「スポーツチャンバラ」

 「パーン!」。剣を構え、面越しに鋭い視線を交わす2人の間合いが詰まった瞬間、はじけるような乾いた音が体育館に響く。正体は「スポーツチャンバラ」の打撃音。攻撃が体に当たったことを意味している。
 装着していた面を外し、素顔を見せたのは田村勇樹さん。戦いの緊張感は消え、知的で穏やかな表情をのぞかせる。現在27歳ながら競技歴23年目のベテラン選手であり、世界選手権出場の常連でもある、世界を知る人物だ。

(中略)

安全への思いとこれからの夢

 そして競技への熱い思いは揺るがない。安全で、老若男女が同じ舞台で戦えるスポチャンは、年を重ねてもそれに合わせた戦い方を会得することによって勝利をつかむことができる。
 生涯スポチャンを続けていきたいと話す田村さん。今後の目標を尋ねると、競技者として「もう一度、世界一になりたい」という思いの一方で「自分が吸収してきたものを伝えて、次のチャンピオンを育てたいんです」と指導者としての未来を語る。
 「夢は指導した後輩との決勝戦です」。田村さんはそういって、はにかんだ笑顔をみせた。
ーースポーツには、心と体を“見つめる”力がある。