スポーツチャンバラ公式ホームページ
Sports Chanbara Official Wedsite
English site


サイト内検索 powered by Google
お問合せ   サイトについて   サイトマップ  
  1. ホーム >
  2. 審判員とは >
  3. 審判の種類

審判員の種類と資格

* 以下審判員資格は、年齢不問、本部審査において実技試験80点以上が必要である。
種類 資格 受験資格
同種 一級基本動作
審判員
1.小太刀 2.長剣フリー 3.二刀 4.長剣両手 5.楯小太刀 6.楯長剣 7.棒 8.杖 9.長巻 10.楯短刀 11.短刀 12.短槍 13.長槍
(* 但し、小太刀・長剣フリー・楯小太刀・楯長剣の打突段を所有し、小太刀の一級基本動作審判を所有する者は、長剣フリー・楯小太刀・楯長剣の一級基本動作審判が「審判可」となり審判が可能になります)
[受験資格]
受験する種目の打突段を所有していること
一級主任
審判員
[受験資格]
部内競技3種目すべての打突段を所有していること
一級検査役
(CHECKER)
[申請資格]
一級主任審判員と同等以上の能力を持ち、且つ検査役の資格を本部より付与された者。
(ご自身で申請が必要です。 一級主任審判の合格申請時に、同時に検査役も申請して下さい。本部審査により合格した場合、免状が届きます。)
一級打突
部内競技
審判員
1.小太刀 2.長剣フリー 3.二刀
(* 但し、部内3種目すべての段を持ち、一級主審・一級検査役に合格すると、部内競技3種目が「審判可」となり審判が可能になります)
[受験資格】
受験する種目の打突段を所有していること
一級打突
部外競技
審判員
1.長剣両手 2.楯小太刀 3.楯長剣 4.棒 5.杖 6.長巻 7.楯短刀 8.短刀 9.短槍 10.長槍 [受験資格]
受験する種目の打突段を所有し、同時に部内競技3種目すべての一級打突審判、及び一級主審・一級検査役を所有していること
異種 基本動作
審判員
異種基本動作
1種類のみ。 (A群B群C群の区別はありません)
すべての基本動作試合の審判が可能です。
[受験資格]
打突段と一級打突審判資格を所有している種目が一つ以上あることこと
打突
審判員
異種A群
(1.小太刀 2.長剣フリー 3.二刀 4.長剣両手)
異種A群 審判員証


異種B群
(1.楯小太刀 2.楯長剣 3.棒 4.杖 5.長巻)
異種B群 審判員証


異種C群
(1.楯短刀 2.短刀 3.短槍 4.長槍)
異種C群 審判員証

異種総合
(13種目すべて)
[受験資格]
それぞれの群の種目の内、打突段と一級打突審判資格を所有している種目が一つ以上あること

取得できる順は次の通り
飛び越えて受験はできません
1, 異種A群

2,異種B群

3,異種C群

4,異種総合
主任審判員 異種A群
異種B群
異種C群
異種総合
(* 但し、それぞれの群の異種打突審判と同時に、異種基本動作審判の資格を所有する者は「審判可」となり審判が可能です。)
[受験資格]
それぞれの群の異種打突審判資格を所有していること
検査役
(CHECKER)
異種A群
異種B群
異種C群
異種総合
(* 但し、それぞれの群の異種打突審判と同時に、異種基本動作審判の資格を所有する者は「審判可」となり審判が可能です。)
[受験資格]
主任審判員と同等以上の能力を持ち、且つ検査役の資格を本部より付与された者(ご自身で申請が必要です)
一級審判員(公式戦で審判することが可能な資格)は、以下の資格を得、並びに本部へ登録を完了した者を言う。

  • 審判員として(資格と義務)

    1. 本部講習会を年に一度以上受講し、最新の指導方法やルールを確認する。
      * 本部講習会を受講していない場合、審判資格が無効となる場合がありますのでご注意下さい。
    2. 以前の[ 正・副 ][ 国際審判 ]等の審判資格は、ルール改正などにより本部講習会の切り替え講習を受講し、新に1級審判資格を取得して下さい。
    3. 審判資格の年齢基準変更(2016年5月30日)
      「スポーツチャンバラ教本」(2003年1月25日改訂版)105〜106ページ
      第25条 審判員の資格
      3の4項
      1,協会公認の各部いずれかの有段者
      2,年齢が原則として20歳以上(但し例外として十八歳以上も認める)

      とありますが、今後は、
      1,協会公認の各部いずれかの有段者
      2,年齢は不問
      致します。

      従いまして、本部講習会にてその能力に達していると認められれば、小学生でも中学生でも世界大会で審判が可能となります。