スポーツチャンバラ公式ホームページ
Sports Chanbara Official Wedsite
English site


サイト内検索 powered by Google
お問合せ   サイトについて   サイトマップ  

ルール概要(「スポチャン教本」一部抜粋)

* ルールは改正される場合があります。
指導者の方は、必ず本部講習会に参加し最新のルールを確認して下さい。
  • 試合場(大会により、副審・検査役の人数が変わる場合があります)

  • スポーツチャンバラ 試合場
  • 基本的には、試合は区画線を含む6m〜9mの平坦な広さとする。
  • 主催者は、試合場の広狭、人員などを考慮して基準の若干の変更は可とする。
  • 試合場は、上席に向いて右側に赤の選手、左側に白の選手とするように試合場を設置する。
  • 試 合

  • 試合は各カテゴリー段級別で行う。
  • 基本的には、1試合は3分間三本勝負とし、延長ありとする。また延長で勝敗が決まらない時は再延長、再々延長を行う。(但し、団体戦は引き分けを認める。)
  • 但し、
      一本勝負の場合:1分間1本で勝敗を決する。(延長あり。延長戦で勝敗がつかない場合は、両者負けとなる。相打ちは両者が負けとなる。)
  •   三本勝負の場合:二本先取した方を勝者とする。相打ちは双方に一本加算する。
  • 勝敗:個人戦は原則として三本勝負とする。団体戦は原則として一本勝負とする。
  • (* 試合形式は、会場の広さ、出場選手の人数等などで変更される場合があります。)
  • 選手

  • 選手はスポチャン精神を良く理解し、常にフェアー精神をモットーに、正々堂々と戦う。
  • 選手は試合中の判定については異議を伝えることができる。この場合、選手は挙手し意思表示をする。但し、再判定の結果には従うものとする。
  • 禁止

  • 試合規定以外の用具の使用。
  • 選手、審判運営委員などの人格、名誉を棄損する言動、行為、または試合の進行を妨げる行為。
  • その他、公平な試合に欠ける行為。
  • 粗暴な行為(剣の柄の部分が当たった場合、また当たると予測できる使術を含む)
  • 審判

  • 審判員は協会公認審判員とする。
  • 審判は、選手の抗議や不満は検査役・審判員全員が真摯に且、優しく思いやりの気を持って迅速・適格に解決すること。
  • 審判の判定は多数決で決定するのであるが、それぞれの審判員の判定に相違があった場合は、検査役の助言を得てから裁定するか合議を行い、検査役を含め「再判定」で決定する。
  • 検査役

  • 各試合場の主審の助言者として1名の検査役を配置する。
  • 検査役は、その試合が安全公平に実施されているか監視し、選手の疑義質問には誠意をもって速やかに対処する。同色旗が多数上がろうとも常に誤りを訂正する、真実を希求する姿勢を堅持する。選手の心を洞察し、微妙な判定には双方の選手に打突効果などの確認をするなど、のちのち悔いの残らない、何人にも説明のできうる公正無私な裁定をするよう心がける。
  • 意見の分かれた場合は、検査役も審判も同格の旗数と数え「再判定」の多数決で決定する。
  • スポチャン教本


    詳細はこちら
    「スポチャン教本」は過去に出版している「スポチャンをやろう!」を表紙替えしたものです。
    以前発行されています「ルールブック1(競技規定)」「ルールブック2(審判員規定)」がありますが、改訂等が続くため、これを代替としています。
    ルール等の詳細は「スポチャン教本」をご確認下さい。